医療レーザーと光脱毛、ニードル脱毛の違い



男の脱毛サロン、クリニックなどの脱毛方法の種類



脱毛しようかな?

って思ったら、

なんかいろんな脱毛方法がある!

ってことに気付くと思います。

最近、男脱毛サロン、男の医療脱毛クリニックなどで行われているのは、

医療レーザーと光脱毛、ニードル脱毛などが主流。


それぞれどんな違いがあり、

自分に合っている脱毛方法はどれなのか?

脱毛方法による違いとメリット、デメリットについて

調べてみました。



ニードル脱毛とは



ニードル脱毛って、

その名の通り、

針による脱毛。


毛穴毎に絶縁針で電流を流し毛を生やす毛根を破壊する方法です。

以前は、永久脱毛なら脱毛方法が主流でしたが、

最近では、医療レーザーや光脱毛など主流になりつつあります。


◎ニードル脱毛はメリット

他の脱毛方法に比べると永久脱毛の効果が高いと言われています。

色素沈着、ほくろ、埋没毛、日焼けした肌などを処理する場合は有効的です。

なぜならば他の脱毛方法は、色素の濃い場所は施術できなかったりする場合があります。

男性のヒゲ脱毛などだとこのニードル脱毛も有効的です。

日焼けしている方や白ひげの場合でも脱毛可能。

そして、デザイン的なヒゲにし易いってメリットもあります。


◎ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は昔からある脱毛方法で、

最近は、光脱毛、医療レーザーなどにおされぎみ。

その最大の理由は、

おそらく、コスト面だと思います。

ニードル脱毛の多くは時間制で料金がかかります。

そのためムダ毛1本1本に対し処理を行っていくので、

やはりそれだけ時間がかかり高額です。


ついでニードル脱毛で上げられる大きなデメリットに、

痛みがあります。

針を刺して施術するわけですから、

これは相当の痛みを伴う事はイメージできるのではないかと思います。

実際に、ニードル脱毛を行った方の感想をみると・・・。

ちょっと怖くなってきますよ(笑)。


また、脱毛の施術は毛周期の関係で、

複数回施術する必要があります。

1度で済めばまだいいのですが、

当然それだけの回数、その痛みに耐える必要があります。

痛みを我慢するのに自身がない方は、

他の施術方法を選ぶ方がいいかもしれませんね。




医療レーザー脱毛とは



医療レーザー脱毛とは、

つまり医療です。

なので、

この医療レーザー脱毛は、

医師もしくは医師の指示による看護師など、

資格を持ったも方でしか施術できない医療行為です。


この医療レーザー脱毛が行えるのは、

皮膚科、医療クリニックなどの医療機関のみということになります。

そのため、脱毛エステサロンのようなところでは、

この医療レーザーは扱えないということになります。


◎医療レーザー脱毛はメリット

脱毛の方式はレーザーの光で毛根を焼き切るといった方法。

そのため、永久脱毛といった効果があります。

一般的にニードル脱毛の方が永久脱毛効果が高いと言われていますが、

こちらの医療レーザーは、

ニードル脱毛と比較し効率的であるため、

短時間で低コストといったメリットがあります。


◎医療レーザー脱毛はデメリット


医療レーザーは出力が大きいので、

施術後に赤く跡出たりします。

でも、時間とともに消えていきます。

また、こちらも痛みがあります。

ニードル脱毛ほどではないと言われていますが、

麻酔を利用しても痛みがあります。




光脱毛とは



光脱毛とは、

主に脱毛サロンなどで行われている脱毛方法。

IPL(インテンスパルスライト)等の機械を使っています。

フラッシュ脱毛なんて呼ばれることも。


光脱毛は永久脱毛ではない。

って事をまずは覚えておいた方がいいかな。

なので、医師などがいない、

脱毛サロンなどでも行える脱毛方法です。


◎光脱毛はメリット

光脱毛のメリットは、

何と言っても、痛みがないって点。

肌への刺激が少なく、

ニードル脱毛、医療レーザーの様な痛みがないってのがいいですね。


また、照射範囲が広いといった利点も。

そして何と言っても、コストが安い。

ってメリットがあります。


◎光脱毛はデメリット

デメリットは、一回当たりのコストは安いけど、

出力が弱いのでどうしても施術回数が多くなる。

なので、脱毛完了までの時間がかかります。


トータルコストは、

人によっては医療レーザーの方が安くつくことも。


医療行為ではないので、

出力が強くなく、永久脱毛といった効果は望めません。


光脱毛もメラニン色素に反応する脱毛なので、

日焼け肌などのある場合は、

やけどリスクがあるので施術が難しい。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|